戻ったら

まさかのーー!?!?!?

あがるーーー!!

 

いつもありがとうございます。

ice2016

写真がバグついて良い感じ 笑

 

XARPINO


これは..

すごい! すごすぎる!!

MUROさんによる

12inchサイズの仕様がFRESHな7inch

 

どれもダブルサイダーで

GHOSTFACEとNE-YOや、Smileと21Questions、

個人的にはNASのUnforgettable使い”Can’t Forget About You”がタマラなくメチャ嬉しい

感謝感謝DEF!!

sinjdfjir0dsjeajfengfkdfekzmdjo04spwdndjiwdnejw

 

Xarpino


火星の人(The Martian)

アメリカの小説家が自身のホームページで連載していた物語。

※誤字脱字ありますが..

世界中で人気らしく映画化もされている

邦題は「オデッセイ」

PRAX

Title : The Egg

By: Andy Weir

Translation: Alex Onsager

君は家に帰っている途中で死んだ。

交通事故だった。ごく普通の交通事故だったが、致命的だった。君は妻と子供二人を残した。死ぬときに痛みはなかった。救急隊はがんばって救おうとしたが、無理だった。君の体はもうボロボロで、実際この方が良かった。

そして、君は私と出会った。

「いったい何が起こったんだ?」と君は訪ねた。「ここはどこ?」

「君は死んだんだよ」と私は答えた。ここで回りくどく言う必要はない。

「トラックが来てて…そしてそれが急に滑って…」

「そう。」

「し、死んじゃったのか?」

「 そう。でも気にする必要はない。皆いずれ死ぬのだから。」

君は回りを見た。何も無かった。ただ君と私の二人だけ。「ここはどこなんだ?」と君は訪ねた。「ここは来世なのか?」

「まあ、そうだね」と私は答えた。

「あなたは、神?」

「そう。私は神。」

「俺の子供達…俺の妻…」

「彼らがどうした?」

「大丈夫なのか?」

「良いことを言うね。自分が死んだばかりだと言うのに一番の心配が家族だなんて。その心意気好きだよ。」

君は私を改めて見つめ直した。君にとって私は神には見えなかった。普通の男性か、もしくは普通の女性にしか見えなかった。何となく偉そうな気はしたが、それは神とかよりもどちらかというと小学校の先生に近かった。

「心 配はいらない」と私は答えた。「彼らは大丈夫。子供達は君のことを完璧なお父さんとしてしか覚えない。憎く思えるほど一緒に時間をまだ過ごしていなかった からね。妻は表では泣くが、本当は密かにホッとしている。実を言うと君たちの関係は崩れかけていたからね。気休めになるかわからないが、彼女はホッとして いることに対してかなり罪悪感を感じている。」

「そう」と君は言った。「これからはどうなるんだ?天国とか地獄とかに行くのか?」

「どちらでもない。君は生まれ変わる。」

「そうか。じゃあヒンドゥー教が正しかったのか。」

「人々の考えはすべてそれなりに正しいんだよ」と私は言った。「少し散歩をしよう。」

我々は二人で虚空の中を歩き始めた。「どこへ行くんだい?」と君は聞いた。

「特にどこへも行かないよ。歩きながらしゃべるのも良いじゃないか。」

「意味はあるのか?」と君が訪ねた。「どうせ生まれ変わったら空っぽなんだろう?ただの赤ん坊になって。だから今話しても、この命での経験や行動は関係じゃいないか。」

「いや、そんなことない。」と私は答えた。「君の中には今まで得た経験と知識がすべて残っている。ただ今は思え出せないだけ。」

私 は立ち止まって君の方に手を載せた。「君の魂は、君が想像も出来ないほど壮大で美しくて、巨大なんだよ。人間の頭に反映しようとしても、ほんの一部しか収 まらない。コップの水の温度をはかるために指先を入れるようなもんだよ。自分の小さな部分をそこに入れて、取り出す時には体全体にその一部の経験が伝わっ ている。

「君はここ48年間ずっと人間の体の中だったから、意識を広げてその壮大さを感じ取る機会がなかったんだよ。しばらくここにいたら少しずつ思い出してくるけど。一つ一つの人生の間にそれをする必要はないけどね。」

「じゃあ、俺はもう何回生まれ変わってるんだ?」

「そりゃもう、沢山さ。本当に沢山。そして色々な人生にね。次は確か、君が言う中世時代あたりかな?」

「え?ちょっとまってくれよ」と君は驚いて言った。「俺は過去に飛ばされるのか?」

「まあ、そう言われるとそうかもしれない。君の言う時間は君の世界でしか存在しないからね。私が元々いた場所では意味の無い話になってしまう。」

「元々いた場所?」

「そりゃあるさ」と説明した。「私だってずっとここに居た訳ではない。別の場所から来た。そして私みたいな存在もほかにいる。君がその場所の話をもっと聞きたいことはわかるが、説明しても君には理解出来ない。」

「そっか」と君は残念そうに言った。「でも待てよ。時間がばらばらで生まれ変わるのなら、自分と出会ったこともあるかもしれないじゃないか。」

「そう。よくあることだよ。けどお互いの存在は自分の人生のことしか認識していないからそこで気づくことは無い。」

「じゃあいったい何のために?」

「存在の意味か。ベタな質問だね。」

「けど聞く必要は十分あると思う」と君は問い続けた。

私は君の目をじっと見つめた。「存在の意味、そしてこの世界を私が作り出した理由。それは君を成長させるため。」

「人類のことか?人間に成長してほしいのか?」

「いや、君だけ。私はこの世界のすべてを君一人の為に作った。人生を重ねることによって君は成長し、さらに壮大で完璧な知性となっていく。」

「俺だけ?ほかの人々は?」

「ほかは居ない」と私は答えた。「この世界には、君と私の二人しか存在しない。」

「でも、世界中の人々は…」

「すべて君だよ。全員君の生まれ変わり。」

「待てよ。全人類が俺だと言いたいのか?」

「やってわかってきたね」と私は微笑んだ。

「今まで生きて来た人間が皆俺?」

「そう、そして今後生まれてくる人々も全員ね。」

「俺が徳川家康?」

「そして豊臣秀吉でもある。」

「俺がヒトラー?」と君は動揺を隠せず聞いた。

「そして彼が殺した何百万人の人々。」

「俺がイエス・キリスト?」

「そして彼に従う全ての人々でもある。」

君は黙り込んだ。

「君が誰かを犠牲にするとき、それは自分を犠牲にすることになる」と私は続けた。「君が人に親切をするとき、それは自分への親切となる。今まで経験された、そしてこれから全人類に経験されることとなるうれしい思い、悲しい思い、これを全て君が経験する。」

君は長い間考え込んだ。

「どうして?」と君は訪ねた。「なぜこんなことをする?」

「それは、いつか君は私みたいになるから。君はそういう存在であるから。君は我々と一緒。君は私の息子なんだよ。」

「そんな、」と君が信じられないように言った。「俺が神だということか?」

「いや、まだそうではない。君は胎児。まだ成長をしている途中。全人類全ての人生を経験した後、君は十分成長を積みやった生まれることが出来る。」

「じゃあ、この世界って言うのは…」

「卵」と私は答えた。「さあ、次の人生を始める時間だ。」

そして私は君を見送った。


Honey Drippin’

2005年にカシ(KASHI DA HANDSOME)さんに頂いたセレクトCD

未だにメチャ聞きしてます。

0606

当時これで初めて知ったPenny Goodwinの”What’s Goin On”

そしてその前に収録されている

F.B.I.のJ.R. Bailey-“Love Love Love”カヴァーのデュエットヴァージョンが

オールタイムフェイバリット!!

 

 

XARPINO


レンガ付きTAPE

TAPE熱がアツアツですね!

 

アルバムリリース16周年を迎えた3rd ALBUMがカセットで再発

しかも、、

ジャケで使われたEminemが幼少期を過ごし、

火事になった家のサイン入りレンガまである! 驚

他にも、その家で使われてた木材を使ったドッグタグまで

面白いアイディア!

 

mmlpset

 

Xarpino


FDT

シークレットサービスからYGのレーベルに連絡があった

という話題のMV

 

来日ライブ楽しみですねー

YouTube Preview Image

PUBLICLABO1-550x550

 

X