いい年の取り方。

POPEYEに掲載されている「HOW TO BE A MAN」の記事が印象に残り

「確かに確かに」と寝る前に納得してゆっくり休めました。

そこに書いてあったのはコチラ。

 

 

グレン・オブライエン著 / 江口 研一 訳

 

「年を取るのもそれほど悪いものじゃない。

でも最近は敬意も称賛も若者に取られがちだ。

ただ若いというだけでもてはやされ、年寄りは端へ追いやられるばかり。

 

なぜなら年齢を重ねる事に目新しさはないからだ。

そのためか、年配の大人たちは、旬を過ぎた事に落胆するか、

プライドをかなぐり捨て、実年齢よりも若く見えるように元気な自分を演出したりしている。

 

マトンが子羊のフリをして、

イノブタが子豚になりすます様に、

オッサンもキッズのフリをする」

 

 

など現在を象徴する文面に頷きながら、読み進め、

カルチャーや戦争などにも焦点を当てた面白い内容でした。

そして最後の文も印象的。

 

 

「楽しく生きるには、年齢を受け入れて、

若者に媚びたファッションに抵抗することだ。

若者の階段を過ぎ、かすれたFAXの様に感じても、自分一人ではない。

ファッションと無縁な生活をしているベビーブーマーでも、

どんな事をしても若くいたい人と、自然に任せる人に分かれる。」

 

WORD!!

 

XARP